右手のゴルフの社内動画を窃盗しYoutubeで稼ぐ酒井 一行とは

今回、このブログをアップするか悩みましたが相手(酒井 一行)がこちらの要望を一切のまずに未だにYoutubeに右手のゴルフをアップし続け稼いでいるということから公開に踏み切りました。

ことの一旦は右手のゴルフの片山晃が弊社に対し根拠のない既成事実を作り上げてきたことから始まります。

弊社では2014年から数年にわたり片山晃の右手のゴルフDVDをプロデュースしてきました。制作したDVDは10本以上になります。(その時に片山晃の担当をしていたのが酒井 一行です)

その後に酒井 一行が弊社を退職(2017年10月)その後に片山に新しい担当が付いたのですが、とにかく『そんな金額では無理』などの要望が多いと酒井 一行が辞めた後に態度が一変したとの報告を受けていました。

DVD撮影当時は片山からの要望で翌日に30万を振り込んでくれと言われれば振り込んでいたのに態度の急変。この時に私も気が付けばよかったのですが。。。

その後に2018年12月に右手のゴルフのDVD動画が見られるサービスを開始しました。そして、そこから問題が発生。片山から『私は何も許可していないので全て削除しなさい』『右手のゴルフの版権を持っている祥伝社からの削除の要請が来ている』『その日に削除しないと大変なことになる』などという半分、脅迫じみた内容です。

私も知識不足で著作権に絡む問題になると思いその日のうちに右手のゴルフに関する全てのページ、メールマガジン配信停止のお知らせなどを対応しました。

結果から言うと版権を祥伝社が持っているというのは全て嘘であり、著作権に関しても動画の場合は撮影者、制作者にあるとのことで消す必要など一切ありませんでした。これだけで損害は数百万以上になります。

その後に色々調べていると右手のゴルフチャンネルというYoutubeチャンネルを社員が発見。
社員から『会社で撮影したと思う動画がアップされていますが』との報告を受けて調べてみると酒井 一行が在職時代に撮影していた右手のゴルフ動画が100本以上違法でアップロードされていました。

その後に片山に聞くと『私は関与していない、知らない』の一点張り、しかし、片山晃の公式サイトにも弊社の動画が違法でアップロードされていました。今でも弊社の著作物である写真が公式サイトにアップされています。

その後の調べで酒井 一行は弊社の動画在職中に違法にダウンロードし自分の右手のゴルフチャンネルにアップしチャンネル登録者、再生回数をふやしアドセンスを収益化していたことが発覚。アップ動画は退職後にもアップされていたので違法にダウンロード、窃盗したことは間違いありません。

その後にこちらから弁護士を介して酒井 一行に伝えたところ全てを認めで動画は削除。
しかし、こちらは片山に根拠のない版権問題でゴルフ事業をつぶされ、酒井 一行は窃盗した右手のゴルフ動画で利益を得ている(今現在も)ことには納得できずにチャンネルの削除を要請しました。

しかし、酒井 一行の回答は動画は削除したのでチャンネルは消さないとの回答。そもそも、こちらが打ったあえた時点でのチャンネル者の殆どが窃盗した動画で集めたものです。YOUTUBEではチャンネル登録者が多ければ再生回数も増えて収益化されます。その一番大変な作業を窃盗した動画で行い、みつかったらその動画だけ削除というのは納得できません。

また、今回の右手のゴルフチャンネルの削除を酒井 一行に伝えたところ片山との関係もあるのでチャンネルは削除できないとのことですが、そもそも、片山は今回の右手のゴルフチャンネルについては一切知りませんでしたとの回答を弁護士を通して聞いているのですが、この矛盾は一体なんでしょうか?

その後も酒井 一行と片山晃の2人で右手のゴルフチャンネルを運営しています。